私の飼っている猫(メス 12歳)が最近膀胱炎と診断されました。経緯や治療、そして原因をお伝えしたいと思います。

◎初め 

今まで大きな病気をしたこともない猫でした。ただ気になっていたのは年齢も進んで人間で考えるともうおばあちゃん、そして今年は家の建て替えのため仮住まいに引越しもありました。

ただ引越し時は思ったほど荒れず意外と新しい家でお気に入りの場所を作って穏やかに過ごしていました。

◎発見!

ある日トイレを見ると血が付いていました。その時はうんちする時おしりが切れたのかな?ぐらいにしか思っていませんでした。猫トイレ周りがいつもより猫砂が撒き散らされていましたが、「便秘かな」と思いました。

翌日も血がついており、量も増えてました。猫が用を足すところを観察するとおしっこに血が混じっているのが見えました。しかもついさっきトイレ行ったのにまた行って、、、を繰り返していたため病院受診することにしました。

◎診断

病院に行って症状を話すと先生が猫のお腹をしぼると血尿がでて、「膀胱炎ですね」と言われました。膀胱が腫れているため、おしっこが溜まっていると勘違いし頻回にトイレに行くとのことでした。

◎治療

注射を打って、薬をもらい、えさも専用のものを購入しました。治るのは個人差があるそうで、注射してすぐ治る仔もいれば1週間以上かかる場合もあるそうです。

血尿を繰り返す、元気がない場合は石や腫瘍の可能性があるため、精密検査になるそうです。うちの猫は落ち着くのに1週間かかりました。薬は計15日処方されました。

◎原因

猫の膀胱炎は7割がストレスだそうです。実は症状がでた一日前に子供の友達(男子)が4人来て、猫を追いかけ回していました。初めてたくさん来た上に追いかけ回されたらこわくてたまらなかったと思います。それ以来隠れている時はほっとくように子供たちには伝えてます。長生きするためにもストレスフリーの環境を作ってあげましょう。