うさぎの食事はバランスを考えてあげていますか?

牧草やペレットをどのくらいの量を与えていいのか悩むポイントだと思います。

そんな飼い主さんに、この記事を読むことでうさぎの食事について知識を身につけられるようになりますよ。

うさぎの理想的な食事バランスは?

理想的な食事バランスは、牧草75%・ペレット20%・生野菜と果物5%の割合です。

牧草が圧倒的に多く食べてもいいことが分かりますね。

牧草を食べることはうさぎにとって、実はとても大切なことです。

どのように大切なことなのか、具体的にご説明します。

牧草はどんな役割をしてくれるの?

役割➀胃腸を動かしてくれています

うさぎは牧草に含まれている繊維を摂取することで、胃腸を活発的に動かしてくれます。

胃腸が上手く動かないと体調を壊す原因になりかねません。

牧草を食べることは健康な体を作ってくれるので、たくさん食べさせてあげてください。

役割②歯の長さを調節してくれます

うさぎは牧草をすり潰しながら食べるので、歯も自動的に削ることができます。

もし牧草を食べなかったらどうなると思いますか?

実は、うさぎの歯は一生伸び続けるので不正咬合という病気になります。

歯が伸びすぎて口の中が痛くて食べられなくなります。

そんな状態は辛いは可哀想ですよね。

そうならないように、たくさん牧草を食べることは大切なことです。

ペレットにもこだわりを持ちましょう!

こだわり➀年齢に合ったペレットを選びましょう

ペレットは種類が多くて悩まれる飼い主さんが多いと思います。

そこで、年齢に合ったペレットを選びましょう。

子うさぎ用からシニア用、そしてうさぎの品種ごとのペレットも販売されています。

うさぎの年齢によって、必要な栄養が変わってくるので変えていく必要があります。

量は体重に合わせて変わってきますので、平均多重が分かるようにしておきましょう。

定期的に体重を量ることをおすすめします。

こだわり②グリテンフリーのペレットを選びましょう

グルテンはうさぎのペレットにも、つなぎの役割として使われています。

グルテンは小麦などが含まれていて、うさぎが好んで食べます。

しかし、うさぎの体には良くないです。

体の中でうまく消化しにくい食材なので、摂取しすぎるのは良くありません。

ペレットの種類の中にはグルテンを含まない、グルテンフリーの物もあります。

細かいことですが、そういうところもこだわってあげるとうさぎの健康に繋がります。

生野菜とおやつはご褒美です

生野菜やおやつは何かを頑張ったときに、ご褒美として少しあげましょう。

例えば、病院に行ったご褒美ですね。

あとは、うさぎとスキンシップをとるときにも使えますよ。

ぜひ試してみてください!

まとめ

うさぎの食事の重要性を理解していただけたでしょうか?

食事バランスをしっかりすることで、うさぎの病気の予防にも繋がります。

うさぎが健康で元気に過ごせるように、飼い主の方がサポートしてあげましょう。