「最新情報」ペット、動物とコロナウイルスについて「1月2日更新」

ペット総合

本記事では新型コロナウイルスとペットについていろいろな資料から集めてきた情報をまとめたいと思います。まだまだ未知の部分が多くあり確定的な情報は少ないのですが、情報が増え次第、更新していく予定です。

政府機関や海外の研究まで幅広く扱っています。

ペットの感染リスクについて

ペットには基本的には保険制度はないので、治療には意外とお金がかかってしまう可能性があります。また、個人で保険に入っている場合でも新型コロナウイルスが保障の対象かどうか一度確かめた方がいいかもしれません。

困ったときに頼れる人を見つけよう

新型コロナウイルスはまだまだ謎の多いウイルスです。世界中の研究者が解析を進めているようですが、動物に関する情報は未だに少なく、信頼性も高くありません。

ペットになにか異変が起きた場合は自分一人で解決しようとするのではなく獣医など動物医学のプロに任せるのがいいと思います。ペットになにかあったときのために獣医にオンラインで相談できるサービスを使うと安心できると思います。

ペットは体調が悪いことを伝えることが苦手なこともあります。些細なことでも相談に乗ってくれるかかりつけ医がいると安心。

ペットの体調が悪くなってから始めて使い方を調べるのは時間がもったいない、必要な治療が遅れてしまう可能性があるので登録など、予め使い方をマスターしておいた方が安心できますね。

詳しい解説はこちらペットのことで困ったときに!

主な感染経路は?

特に室内でペットを飼っている場合、飼い主からの感染が可能性の一つとして考えられます。ペットが室外に行く機会がある場合は更に、飼い主からではない、別の感染経路があるかもしれません。どのような感染経路をたどるかはまだ厳密に答えは出せません。

感染対策はどうすればいい?

飼い主が感染対策を適切に施していれば、感染の機会が減る可能性があります。ペットと触れ合っているときはアルコール、次亜塩素酸などで消毒した方がいいかもしれません。詳しい解説はこちら「12/3更新」おすすめのアルコール「新型コロナウイルス」、「12/4更新」おすすめの次亜塩素酸「新型コロナウイルス」

また、飼い主が感染しないように基本的な感染対策を講じましょう。おすすめのマスク「新型コロナウイルス」おすすめの空気清浄機「新型コロナウイルス」

感染の機会を減らすため、人や動物がたくさん集まる場所にはいかない方がいいかもしれません。

感染報告は?

犬、猫において感染の報告があるものの、人からペットに感染したと推察されており、ペットから人への感染の証拠はないとされています。他にもトラ、ライオン、ミンクなどの感染報告あり。

症状は?

現在、猫において呼吸器、消火器に症状があったと報告あり。犬においては目立った報告はなし。



タイトルとURLをコピーしました