安全性の高い高品質な自動給餌器を求めるあなたへカリカリマシーンをご紹介します。

この記事では実際にアランズナチュラルを使って分かったメリットや感想をまとめたいと思います。

カリカリマシーンを使ったきっかけ

わが家では、5歳の猫が2匹おり、カリカリマシーンを3年ほど愛用しています。
はじめは決まった時間に通常のお皿でご飯をあげていたのですが、肥満防止のために毎回計量してあげるのが少し手間に感じていました。
仕事も不規則な時間帯になって決まった時間にご飯をあげるのが難しくなったため、手軽な自動餌やり機を探していたところ、見つけたのが「カリカリマシーン」です。

カリカリマシーンのおすすめポイント

1.餌が出る時間(4回)とえさの量(10g単位)を完全に自動化できる

自動餌やり機の一番大事な機能ですが、カリカリマシーンのポイントは1日4回分を10gずつの単位で設定できることです。犬の場合は1日2回の食事ですが、猫の場合は少量を4回ほどに分けることが推奨されていますので4回設定できる機能は購入時に必須でした。

2.コンセントでも電池でも使える

安価な自動餌やり機に多いのが「電池式」であることです。電池式だと電池の料金で出費がかさみますが、コンセントで電源が取れるので経済的です。さらにカリカリマシーンの場合は単一電池3個でも使えるので、停電といった災害時でも電池に切り替わって安心です。

3.フードタンクが大容量(4.3L)で継ぎ足す頻度も少ない

自動餌やり機に求めたかった機能が手間を減らすことです。4.3Lの容量だとおよそ1.6kgの餌がタンクの中に入るので10日に1回ほどの継ぎ足しで済みます。お皿はどうしても汚れてしまうので週に1回洗うようにしていますが、取り外しも簡単なので問題ありません。
(別売りのインナーアタッチメントをつければさらに取り外しが容易になります)

使ってみた感想

気になる猫たちの反応ですが、初日は機械音に少し警戒していました。今ではウィーンと餌が出る音がすると喜んで走っていくほどなので特になにも問題はありません。
ちなみに、餌の排出口をカリカリしてご飯をおねだりすることがありますが、猫の手も入らないような小さな作りになっているのでつまみ食いも完全に防止できているのでありがたいです。
仕事が不規則であることから導入した自動餌やり機ですが、子供が生まれた今、自動餌やり機にとても助けられています。
産後、子供のことに必死なときに1日4回も猫たちの餌の管理をしていたらと思うとすごくストレスになっていたに違いないからです。
デザインも白と黒のシンプル仕様でおしゃれなのでリビングに置いていても違和感ありません。カリカリマシーンを選んで大正解でした。

高級で安全性が高い自動給餌器を求めるあなたもカリカリマシーンを一度試してみませんか?

公式サイトでは大幅割引など限定の特典があることが多いので公式サイトでの購入をおすすめします。

公式サイトはこちら↓



猫ちゃん自動給餌器はカリカリマシーン