柴犬は日本男児!? 可愛過ぎるその性格

はじめに

皆さん柴犬をご存知ですか?

あのつぶらな瞳、くるっと巻いた尻尾、日本犬らしいキリリとした佇まい、、、

皆さんが想像しているのは、あの可愛くて飼い主に従順、まるでハチ公のような犬だと思います。(もっともハチ公は秋田犬ですが。)

ですがそれだけではありません。柴犬は可愛いだけでは済まされません。

ここではその驚くべき性格と、なぜこんなに人を夢中にさせるのか、その理由をお教えします。

頑固者

日本男児といえば、そう、どちらかというと(現代では使うのを躊躇いますが)亭主関白な、俺の後についてこい的な感じです。

犬個人の性格にもよりますが、飼い主に従順、お手おかわり伏せなんでもやります飼い主様といった感じではありません。

散歩もその道は今日は行かない‼︎行きたくない‼︎

と思えば、雨の日だろうと雪の日だろうとその可愛い尻尾を地面にビタッとつけて、断固拒否。

その場から動こうとしません。

しかもこれが結構力が強いんだな。

ここから飼い主との根比べが始まります。

また散歩の後はボール遊びをして少しオヤツを貰うといった、日常生活のパターンから外れるとソワソワするか怒るかのどちらかです。

人間であれば勉強だろうと筋トレだろうとコツコツ努力して頑張るタイプです。

まぁ違う意味では融通の聞かないワンコです。

人間だったら何か偉業を成し遂げられるかもしれません。

それぐらい自分の決めたことはやり遂げようとします。

ツンデレ

撫でて〜って寄ってきた♪

飼い主さんとしてはここぞとばかりに撫でまくるのですが、何故か急に嫌と言い出すのもよくある話。

怖い顔をしてみたり、足(腕?)で拒否してみたり。

でもあー嫌なのね、じゃあやめましょうと手を引っ込めると再び撫でてと催促…。

撫でて欲しいけどデレデレはしたくないというとこでしょうか。

怒った顔が怖すぎる

自分のやりたいことは邪魔されたくない。

とくに睡眠中はその可愛らしい寝顔のあまり、ちょっかいをかけたくなる飼い主さんもいらっしゃるでしょうが、邪魔してはいけません。いかにもイラっときた怖い顔をされます。

物を取られて取り返そうとすると、本気で怒るので、ご注意を。

上下関係が厳しい

多頭買いしてると分かりますが、先住犬は後から入ってきた後輩犬には厳しいです。

また後輩犬は先住犬の真似をしてみたり、番犬をしている先住犬が吠えれば「自分も手伝います!」といった感じで一緒に吠えてみたり。

なんとか気に入られて仲間に入れてもらおうともう必死です。

よって柴犬の後輩犬を飼う際は、喧嘩してお互い怪我をさせないように、かなり気を遣う必要があります。

 

*まとめ*

今挙げたのは柴犬の性格のほんの一部です。

頑固者で我が道をゆくワンコですが、悪い所ばかりではありません。

 それは何と言っても、あの笑顔。

柴犬って他のワンコよりも表情がわかりやすいんです。

笑っているのがよくわかります。

上がる口角、細くなった目元、通称ヒコーキ耳と言われる後ろに倒れた耳。

あの表情を見るために、日々お世話に奮闘しているようなものです。

ここまで柴犬について良い所も悪い所も語るのは、昨今の柴犬ブームに伴って捨て犬を増やさないようにするためです。

柴犬を飼って、こんなはずじゃなかった…とならないためにも、よく考えて飼うべきです。

人間もそうですが、良い所もあれば悪い所もあります。

柴犬のみならず、犬を飼うときはちゃんと愛情を持って、最後を迎えるときまでお世話ができるのか、よく考えて飼いましょうね。

タイトルとURLをコピーしました